PAGE TOP

夜の帳

以前はもっと奥に撮影地がありましたが、福島・新潟集中豪雨で道が寸断されて仕方なく手前で最終列車を撮ることにした。
ここでも会津らしい赤や青の屋根の家が並ぶ様が見ることができる。
昔は大内宿のような茅葺き屋根が並んでたんでしょう。
まだ薄明残る時間、上り最終列車がゆっくりと横切っていきます。

_MG_2291.jpg

2017年 7月 JR只見線434D EOS1DXmarkⅡ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

スポンサーサイト
[ 2017/08/17 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

一面の緑

今年は夏がないですね。@東京での話ですが。
東京というか東日本全域ですかね。
思い起こせば、梅雨明けしてから約1ヶ月ほとんど曇り、雨。
晴れても平日の日中帯のみで夕方が決まってドン曇りまたは雨。
週末では8/6に晴れたくらいか。
梅雨中の長期予報では日照、気温ともに平年並みか高いだったのに。
直近でも当たらないのに長期予報が当たるわけないか。

こんだけの異常な気象状況でお天気業界は、なぜ何も情報を発信しないだろう。
それとも、日照不足で実際に野菜が高くならないと情報をださないのか。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
JR只見線は、言わずと知れた只見川と緑に囲まれた絶景路線。
一面の緑に囲まれた画も悪くない。

_MG36901.jpg

2017年 7月 JR只見線428D EOS1DmarkⅣ+EF300mmF2.8L IS+EF1.4XⅢ

[ 2017/08/15 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

また天気予報に騙された

422Dのあと、太陽が出てきた。
当然、川霧なんて出るわけがない。
曇り時々雨予報はどうなってんだ?

終日、雨は降らず、雲は多いが晴れが続く。
予想最高気温は23,24℃のはずが30℃越え。
晴れて湿気が抜け、川霧とはほど遠い気象条件。

こんだけ嘘ついて的中率85%とうたっている神経がわからない。
まあ、予報側に当たりやすいカラクリがあるわけで。
予報エリアが10カ所あるとして8カ所当たってたら80%的中となる。
また、80%の雲量でも晴れになるのもその一つだろう。

雲も多く、気温が高く、無駄に暑い。
天気予報に騙された自分が悪いのだが、また、無駄金使ってしまった。

_MG_2276.jpg

2017年 7月 JR只見線427D EOS1DXmarkⅡ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2017/08/09 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

川霧

夏場の只見線と言えば、川霧。
しかし、朝は川霧が発生しやすいが以降は気象条件で出たり出なかったり。
前日の天気予報からは時間予報で傘が並び、川霧が出る可能性ありで出動した。

4橋到着時は、川霧が出ていたが時間が経つと雲が切れ晴れ間が出てきた。
当然、川霧がすぅ~っと消えていく。

2橋へ向かうとここはまだ川霧が残っていた。

_MG_2233.jpg

2017年 7月 JR只見線422D EOS1DXmarkⅡ+EF70-200mmF2.8LⅡ

[ 2017/08/07 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

山里の夕光

この時期は陽が落ちるのが早く、影との闘い。
今度は、光が残りやすい只見川第2橋梁で。
普通に撮っても面白くないので手前の色づいた葉を手前に入れてみる。

3連がなんとか影から抜けたところでシャッターを落とす。
まあ、普通の写真にならないようにしたもののやっぱり普通の写真になってしまいましたね。

_MG35704.jpg

2016年11月 JR只見線430D EOS1DmarkⅣ+EF24-70mmF2.8LⅡ

[ 2017/01/10 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

また初夏に来ようっと

只見川を入れたくて・・・
町並みのみに絞るべきでした。
このフレーミングはダメでしょう。
失敗作ですがUPします。

_MG35682.jpg

2016年11月 JR只見線427D EOS1DmarkⅣ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2017/01/08 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

紅葉が美しくなるはずだった

順光の紅葉もきれいですが、逆光の紅葉も美しい。
半逆光狙いで撮ってみましたが紅葉はそこまで進んでおらず、絶景にはまだまだでした。
なのでレタッチで少し色も盛りました。
列車には陽の当たりがまだ薄く普Dが目立たないのが残念。

_MG35670.jpg

2016年11月 JR只見線427D EOS1DmarkⅣ+EF70-200mmFw.8L ISⅡ

[ 2017/01/07 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

只見川第1橋梁

また1橋です。
今度は引いて横アンで。
定番は定番の良さがありますね。

_MG35651.jpg

2016年11月 JR只見線424D EOS1DmarkⅣ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2017/01/05 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

只見川第3橋梁

サザエさん症候群です。
長いようでめちゃくちゃ短い年末年始休が終わり。

北国は雪景色なのに画像はまだ紅葉シーズン。
只見線3橋は色が変わってから初めての撮影かな。
前の色がよかったなぁ。
色が沈んじゃんだよねぇ。

_MG35659.jpg

2016年11月 JR只見線428D EOS1DmarkⅣ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2017/01/03 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

2017年スタート

2017年。本年もよろしくお願いします。
新年くらい雪景色にと思いましたが、いいカットがなかったので続きです。
今さらですが只見線の定番画像。

そう言えば年末にJR只見線会津川口~只見間の復旧が決まったそうで久々に明るい話題になりました。
最初にこの記事を読んだときは、ゾクゾクっとしました。
諦めつつも只見線はなんとか復旧してもらいたい欲求が混在する思いを5年半引きずっていただけに感慨深い記事だった。

しかし、上下分離方式による復活で自治体の負担が心配です。
福島県、金山町、只見町の税負担が重くのしかかるのが気がかり。
ふるさと納税的なモノでも応援することができるのかな?

_MG35640.jpg

2016年11月 JR只見線425D EOS1DmarkⅣ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2017/01/01 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)