PAGE TOP

紺碧ブルー

GW、渋滞しないうちに早めに切り上げるために3027M,3026M辺りで撮了。
次第に海の色が濃くなっていい色になってきました。
まあ、PL-Filterかけてますけどね。

_MG_6069.jpg

2018年 5月 伊豆急行線3027M EOS1DXmarkⅡ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ+PL-Filter

昼過ぎなのでR135が混む前に伊豆半島を脱すればJR東海道本線で9037Mは間に合うかなと早々に北上。
すると伊豆大川辺りで渋滞が始まってしまった。ここから伊豆高原、ず~っと渋滞。
迂回できるところはして伊東辺りの2車線で一時的に流れるが網代でまた渋滞。
もはや9037Mを撮るどころではない。
そんなこんなで東名高速に乗る頃は悪名高き大和トンネル渋滞にもはまり、あ~、もう
結局、3月の河津桜の時の約160km4時間45分の記録を超え5時間かかってしまった。
でも、大和トンネル通過がもっと遅かったら6時間かかっていたかもしれない。
静岡県、R135をなんとかしろ~。

スポンサーサイト
[ 2018/06/20 19:00 ] 伊豆急行線 | TB(0) | CM(0)

バイバ~イ

今年は春から異常に暑い。
5月ですでに海水浴の家族連れ。

そんな中、踊り子の通過。
別アングルを撮っていたので立ち位置を変え、レンズを変える余裕がなく。
このカットが精一杯でした。

でもいいシーンでした。

_MG_6044.jpg

2018年 5月 伊豆急行線8024M EOS1DXmarkⅡ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2018/06/18 19:00 ] 伊豆急行線 | TB(0) | CM(2)

もうこれでいいや

ここで側面に陽を当てるには8021Mがいい。
となると当然、繁忙期の運転なので盆暮れ正月や河津桜シーズンにGWになってしまう。
交通渋滞を回避するために現地レンタカーにしたくても天気予報を見てからの予約はなかなか取れない。
これまた東京から渋滞覚悟で自走出動になる。
最近の河津桜の教訓から早朝?というか夜中?に出発。
そのため、今回はスイスイ現着。

この日は、定番の立ち位置で陽炎もおとなしく透明度もまずまず。
ここも3回目、条件的にはいい方なのでこれで卒業でいいかな。
絵面は、RM誌に出したとことたいして変わらないですが・・・

_MG37962.jpg

2018年 5月 伊豆急行線8021M EOS1DmarkⅣ+EF100-400mmF4.5-5.6L ISⅡ+EF1.4XⅢ

[ 2018/06/16 19:00 ] 伊豆急行線 | TB(0) | CM(0)

河津桜

河津まで車で行くと駐車場難民になるのは目に見えてるので途中で車を置いて、伊豆急行で河津へ。
去年もそうだったが駅前は人で渋滞。
徒歩で線路と組めるところを探す。
今年は横からストライプを入れて打ってみた。

_MG_4863.jpg

2018年 3月 伊豆急行3026M EOS1DXmarkⅡ+EF100-400mmF4.5-5.6L ISⅡ

[ 2018/04/16 19:00 ] 伊豆急行線 | TB(0) | CM(0)

おっちゃん

以前、伊豆急は絶対、車で行ってはいかんと戒めたつもりだったけど、翌日の天気予報も当てにならず、前売りフリー切符は買えない。
こういう晴れの保障がない日は、当日の気象衛星とGPVで判断するが、こうなると自走しかない。

この日は8021Mの運転日。間に合うように8021Mが東京を出る2時間ちょい前に出発。
高速は、車が多いながらも一応流れている。とりあえず事故渋滞がなく安心していた。
途中、朝食で"停"したものの7時半過ぎには早川R135海沿いに来たがここからR135の名物渋滞。
しかし、渋滞はここだけではなかった。
熱海市内、伊東市内の2車線と有料道路以外は伊豆高原まで断続渋滞でノロノロ状態だった。
熱海あたりでは、8021Mに間に合うかなぁとやや不安感が。
伊豆多賀あたりでは8021Mはまだ小田原に来てないし、何とかなるかもと期待感もちつつ道路が流れるのをひたすら待つ。
伊豆北川では、やばい時間で間に合うかって感じでヒヤヒヤ。
伊豆熱川に到達する頃には抜かれるぅ~っ。
撮影地予定では、すでに抜かれていた。。。
東京からたかだか約160km。4時間45分。もうアホかと。
いやぁ、東京を8021Mの2時間強前に出発しているのに抜かれるなんてどんだけ道路事情が悪いんだ。
静岡県は伊豆半島を諦めているのか、静岡県と思ってないのか。

そんこんなでギリ間に合ったのが8023Mでカメラもって慌てて立ち位置を探り、岩場を見るとおっちゃんがいたのでカットするために、また場所を変える。
と、列車が来てしまった。
おっちゃんの頭を切ってセ~フと安心して画像を確認すると、右に別のおっちゃんが写っとった。
岩と保護色になっていて気づかんかった~。

おっちゃ~ん、ゲスト出演やで。

_MG_4835.jpg

2018年 3月 伊豆急行線8023M EOS1DXmarkⅡ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2018/04/14 19:00 ] 伊豆急行線 | TB(0) | CM(0)

また来てしまった

毎年、異常気象の頻度が高くなっている。
台風5号、こいつは発生からかれこれ2週間、湿った空気を日本に運んで、ずぅ~っと曇りの日が続いている。
平年なら梅雨明け後10日ほど晴れが続き8月は白い空で無駄に暑い日が続くが今年は晴れない、気温が低い、テツ泣かせの夏になっている。
最もこの平年っていうのも異常気象の10年なので日本古来からの平年とは変わっているんだろうが。
お盆頃に太平洋高気圧が強くならなければ、秋入口には日照不足、冷夏、野菜が高くなるみたいなニュースがTVから流れてくるかもしれない。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
午後は、ここも撮影地の一つ。
以前も撮ったけど今度は縦アン。
水の透明度が夏の清流を醸し出す。

_MG_2206.jpg

2017年 7月 伊豆急行線3035M EOS1DXmarkⅡ+EF24-70mmF2.8LⅡ

[ 2017/08/05 19:00 ] 伊豆急行線 | TB(0) | CM(0)

逆光

C57、D51、DD51と新型旧型客車35系4000番台の試客やSL重連やら話題が多いJR山口線だが、長門峡で標識の切断や抜かれたりしたらしい。
どうせバカ鉄の仕業だろうが、一部のこんなバカな奴のせいでテツに対する世間の目がさらに冷たくなると思うと非常に腹立たしい。
テツ以前に人としてどうかしてる。消えて欲しいわぁ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
さて続きです。
完全逆光ではあるけど海の感じと背後の崖のシャドー感は悪くない。
4つライトが185系であることを示してくれる。
ホントは185系前面部に斜めの架線柱指示ケーブルがかかっているので列車の大きさをほどほどにしてみました。

_MG_2193.jpg

2017年 7月 伊豆急行線3028M EOS1DXmarkⅡ+EF300mmF2.8L iS+EF1.4XⅢ

[ 2017/08/03 19:00 ] 伊豆急行線 | TB(0) | CM(0)

これぞ、伊豆の青い海

海の条件は、申し分ない。
しかしながらケーブルだらけの伊豆急行、面を斜めにケーブルを横切るのが残念です。
まあ、角度的に仕方ないんですが。
HMにかからないだけまだよかったか。

_MG_2187.jpg

2017年 7月 伊豆急行線3027M EOS1DXmarkⅡ+EF24-70mmF2.8LⅡ

[ 2017/08/01 19:00 ] 伊豆急行線 | TB(0) | CM(0)

ザッパ~ンならず

2月撮影時には縦望遠で撮ったポイント。
伊豆急は海側にケーブルがあるのが残念。

今度は、引いて撮ってみた。
この日も波が立っていたのに通過時には引き波でザッパ~ンならずでした。
ホントに上手くいかない。
ダメ人間が撮ると頑張ってもVが撮れない。。。

_MG_2169.jpg

2017年 7月 伊豆急行線8024M EOS1DXmarkⅡ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2017/07/31 19:00 ] 伊豆急行線 | TB(0) | CM(0)

夏の海

例年なら今が一番暑い時期です。
今年は例年以下の夏か。
8月になると空が白く、バリ晴れにならず、無駄に暑い日が続くようになります。

さて、定番の立ち位置だと超望遠でテレコン付けると陽炎も加わり、解像度も落ちるのでテレコンを使わないとこで。
夏の海は、太陽が高く画が堅いですが側面に陽が当たるのは、この時期ならでは。
冬場は青海が濃く出るんですが列車側面の陽当たりが薄いんですよねぇ。

_MG36873.jpg

2017年 7月 伊豆急行線8021M EOS1DmarkⅣ+EF300mmF2.8L IS

[ 2017/07/29 19:00 ] 伊豆急行線 | TB(0) | CM(0)