PAGE TOP

待合室

昨日のエントリーの50D撮影後、讃岐財田駅待合室でのスナップ。
窓際に夕陽がスポットライトのように射していた。

土讃線讃岐財田

2008年10月 JR土讃線讃岐財田 デジタル

スポンサーサイト
[ 2008/10/31 23:03 ] JR土讃線 | TB(0) | CM(0)

2000系

リバイバル急行「土佐」の後、せっかくなので50Dのギラリを狙った。
しかし、2000系っていうのは振り子車両だけあってバンクがすごい。
築堤斜面でもあり水平がわからなくる。

土讃線讃岐財田-黒川

2008年10月 JR土讃線50D デジタル

[ 2008/10/30 21:53 ] JR土讃線 | TB(0) | CM(0)

急行「土佐」

せっかくの急行マーク、1本くらいはマーク付きのカットを思ったが前面に陽が回らず。
アウェイでの土地、撮影地を知らないのは痛いなぁ。

土讃線讃岐財田-黒川 (2)

2008年10月 JR土讃線9206D デジタル
[ 2008/10/28 21:06 ] JR土讃線 | TB(0) | CM(0)

敢えて追討ち

リバイバル急行は高徳線の後、徳島線に入線しキハ58が先頭になる。
昭和30年代の四国の急行についていたらしいヒゲが再現されたがこれがピンとこない。ステッカー色も微妙に違う。
普通に頭で撮るのを避け、ススキ逆光で追い討ち。

徳島線穴吹-小島

2008年10月 JR徳島線9405D デジタル

[ 2008/10/25 23:09 ] JR徳島線 | TB(0) | CM(0)

最後の四マツ キハ65+キハ58

今年3度目の四国。
キハ65+キハ58の最後のイベント。
四国キハは今まで何度か計画しても天気がイマイチだったり、他撮影とかぶったりでチャンスがなかった。
最後の最後で海がガスったものの天気もV、念願の大坂峠で海バックのキハを拝むことができた。

高徳線讃岐相生-阿波大宮

2008年10月 JR高徳線9303D デジタル

[ 2008/10/24 21:45 ] JR高徳線 | TB(0) | CM(0)

秋といえば

秋は紅葉もいいですが、ススキも捨てがたいです。
ススキは逆光が一番、美しいなぁ。

米坂線成島

2008年10月 JR米坂線1135D デジタル

[ 2008/10/22 20:11 ] JR米坂線 | TB(0) | CM(0)

流し

稲が残っているところがあり、夕方の曇りで露出もなく流し撮りに挑戦。
流しは大の苦手でやはり、焦点距離は約150mm、1/15秒で微妙に止まらず失敗。
黄色の稲で国鉄急行色キハ58,28はリベンジできずに悔いが残る。
いつも練習の前列車だと決まるのに本番の狙った列車はピタリと止まらない。
凹むなぁ。

米坂線成島-西米沢

2008年10月 JR米坂線1146D デジタル

[ 2008/10/20 20:33 ] JR米坂線 | TB(0) | CM(0)

唯一の晴れカット

今回の米坂線撮影行では、国鉄色キハ58,28を撮る時に限ってバリ晴れでシャッターを落とせなかった。
合間の1131Dはバリ晴れだった。

米坂線1131D

2008年10月 JR米坂線1131D デジタル

[ 2008/10/17 20:05 ] JR米坂線 | TB(0) | CM(0)

黄金色

逆光は刈り入れ間近の稲をきれいに見せてくれる。
この場所に立った時は太陽が顔を出していたが次第に雲に隠れ、1145Dが来る頃は薄曇りになってしまった。がびょ~ん。
この日はこんなんばっか。普段の行いはいいはずなのにぃ。
列車バックの建物を隠すために列車を引っ張ったが、長さがわからずバランス悪いし・・・

米坂線西米坂-成島

2008年10月 JR米坂線1145D デジタル

[ 2008/10/15 23:27 ] JR米坂線 | TB(0) | CM(0)

米坂線明沢俯瞰

週末の度に東北地方は天気がすぐれない週が続いた。
久しぶりに週末の米坂線沿線の予報は晴れ!
ようやくチャンス到来と出動する。
現地到着すると晴れ、期待するのも束の間、みるみる雲が増え通過時は雨が降ってもおかしくない曇天だった。リベンジできるチャンスは来るのだろうか。
結局この日は曇りベースで希に日差しが射す程度。天気予報の精度は相変わらずだ・・・

米坂線伊佐領-羽前沼沢

2008年10月12日 JR米坂線3822D デジタル
[ 2008/10/13 20:40 ] JR米坂線 | TB(0) | CM(0)

富士・はやぶさ

どうも併結列車にはあまり興味がわかないようで、今までEF66富士・はやぶさの走りカットはこれを含めても2カットくらいしかない。
長大編成の列車も珍しい時代になってしまった。
これまたフツーの列車写真。かっこいい画が思いつかないなぁ。

富士ぶさ

2008年9月 JR東海道本線 デジタル


[ 2008/10/10 22:55 ] JR東海道本線 | TB(0) | CM(0)

羽越本線2021レ

「日本海」撮影後、車を少し走らせ、今や定番の俯瞰ポイントへ移動し「あけぼの」を待つ。
撮影地に着くと大海原が目の前に広がる。
しばらくカシガマの投入が多く、青森ガマの「あけぼの」を狙ってVを決めたい!
やがて青森ガマの「あけぼの」が通過する。

羽越本線2021レ-1

2008年6月 羽越本線 銀塩RVP+1

[ 2008/10/08 23:19 ] JR羽越本線 | TB(0) | CM(0)

羽越本線4001レ

日出から時間が経って、周囲は明るくなってきたが山からはまだ太陽が顔を出さない。
陽が射さない寝台特急「日本海」は頭で止めるより、逆光を生かすべく追い討ちでGET。

uetu4001レ-2

2008年6月 JR羽越本線 銀塩RVP+1


[ 2008/10/07 22:27 ] JR羽越本線 | TB(0) | CM(0)

2条のレール

初夏、寝台特急「日本海」と「あけぼの」を撮るべく、天気予報との格闘だった。

天気予報は精度が低く、快晴条件が必須となる早朝撮影ではただの晴れマークで500km離れた撮影を決定するわけにはいかず、気象衛星画像といくつかの天気サイトの予想天気図を頼りに自分で判断するしかない。

5月下旬、ピンポイントで気前のいい予報が出て行くか検討したが気象衛星画像では日本海沖の怪しい雲が気になった。結局、回避して翌朝、気象衛星画像と日照アメダス、ライブカメラで現地を確認したところ、予報は外れドン曇りだった。
チャンスを狙って1ヶ月後、予報はピンポイント予報と概況からはイマイチな予報を出しているサイトもあるが予想天気図と気象衛星画像からは行けそうな気配。Go!して翌朝、見事な空が拝むことができた。

その後も天気予報はあまり当てにしていない。

それにしてもこういうカットは普通、非電化で撮るモノだなぁ。

羽越本線上浜-小砂

2008年6月 JR羽越本線 銀塩RVP+1



[ 2008/10/05 00:17 ] JR羽越本線 | TB(0) | CM(0)

団臨キハ

土讃線に行った目的はこの団臨キハでした。
キハ65、キハ58が国鉄色になってから何年経つのか?なかなか撮影チャンスがなく最後の最後で抑えることができました。写真はフツーの列車写真ですが。。。。
今月18日からの最後のリバイバル急行シリーズで見納めかぁ。

toynaga-otaguchi_20090110175416.jpg

2008年9月 JR土讃線 デジタル 

[ 2008/10/03 23:02 ] JR土讃線 | TB(0) | CM(0)

信号

時には駅の信号はいい演出をしてくれます。
サンライズ瀬戸に乗車時、岡山でのワンシーン。
ホーム側でない方がいいのかもしれませんがサンライズ瀬戸のシャワーを浴びた直後で撮影モードにあらず、軽~くワンカット。

okayama285_20090110175255.jpg

2008年9月 JR山陽本線岡山 デジタル
[ 2008/10/02 20:51 ] JR山陽本線 | TB(0) | CM(0)