PAGE TOP

かわいいお客さん

可愛らしい乗客が列車に乗ります。
乗車を見守る車掌の表情がすごく良かった。
このシーンはめっちゃ癒されました。

IMG_0861.jpg

2008年5月 JR米坂線1123D EOS1DmarkⅡN+EF70-200mmF2.8L IS
スポンサーサイト
[ 2009/06/30 20:00 ] JR米坂線 | TB(0) | CM(0)

羽前松岡

春から夏へ
野草が生長する時間。

でも列車がないと駅かどうかわからないじゃん。

IMG_0848.jpg

2008年5月 JR米坂線 EOS1DmarkⅡN+EF28-70mmF2.8L

[ 2009/06/29 20:00 ] JR米坂線 | TB(0) | CM(0)

霧空抜ける朝

陽が出てきて少しずつ霧が抜けてくる。
山にはまだ朝霧が残る。
水田には植えたばかりの稲が風に揺れる。

その中、颯爽と3エンジンの国鉄型キハが朝の静けさを消す。

IMG_0845.jpg

2008年5月 JR米坂線1121D EOS1DmarkⅡN+EF28-70mmF2.8L


[ 2009/06/27 19:00 ] JR米坂線 | TB(0) | CM(0)

これまた定番

これもお馴染みのキンチョールポイント。
1128Dは今泉でちょいと停車があるので余裕で先回り。

緑の色や光線が6月らしい感じでまとまりました。

IMG_0046.jpg

2008年6月 JR米坂線1128D EOS1DmarkⅡN+EF70-200mmF2.8L IS

[ 2009/06/26 20:00 ] JR米坂線 | TB(0) | CM(0)

早朝は青空だったのに

朝は青空が広がっていた。
時間が経つにつれ次第に白くなってきた。
いつもの通り・・・

東北の新緑も色が濃くなり、撮影してみたらフツーの山間部の写真になってしまった。

米坂線沿いの国道は立派でトラックも多いがいつも工事をやっていた。しかも年がら年中。
いったい何の工事だったのか?

米坂線は3エンジンを基本に編成を組成していた。
列車のスピードが比較的速いうえに先述の工事による片行、普Dでも追っかけは苦労した。

間に合ってもこんな天気じゃモチベーションが上がらんわ。

IMG_0042.jpg

2008年6月 JR米坂線1128D EOS1DmarkⅡN+EF16-35mmF2.8L
[ 2009/06/25 20:00 ] JR米坂線 | TB(0) | CM(0)

1年前シリーズ

お馴染みの明沢俯瞰。
ドメ曇りにガスり全開、こんなはずじゃなかったのに。

登った当初は晴れ間もあって高モチベーションだった。
次第に雲が増え、やがて天空一面雲だらけ。

どうも米坂線に出動しても晴天率が低い上に駄作量産。
苦労しても報われない日々が続くのであった。

結果、単なるツートン52とタラの記録写真です。

IMG_0062.jpg

2008年6月 JR米坂線3822D EOS1DmarkⅡN+EF70-200mmF2.8L IS

[ 2009/06/24 20:00 ] JR米坂線 | TB(0) | CM(0)

虚像

田に水が張っていた時期にやりたかったカットだった。
しかしそう簡単には撮らせてくれない。
置賜平野にはいつも風が吹いてた。

ただ運がなかっただけなのか、撮影地の見極めができなかったのか。

苗が植えられた後になってようやくチャンスがきた。遅いって。
流せば多少は形がわかるだろうと振ってみた。

実際の列車を見ないで虚像というか鏡像で流すのはなんか難しかったなぁ。

上がりはと言うと、う~ん、なんか新聞の写真を拡大したみたい(笑)

画像は180°回転させちゃいました。

IMG_0126.jpg

2008年6月 JR米坂線1146D EOS1DmarkⅡN+EF70-200mmF2.8L IS
[ 2009/06/23 20:00 ] JR米坂線 | TB(0) | CM(0)

昔の風景

米坂線沿線にはまだ茅葺き屋根の民家があった。
見たところ茅葺きはきれいなように見えた。

維持には大変な苦労があるのだろうが、平成の時代にも残っているという歴史を感じる。

また色を抜いてみました。

IMG_0075_20090621012234.jpg

2008年6月 JR米坂線1143D EOS1DmarkⅡN+EF70-200mmF2.8L IS

[ 2009/06/22 20:00 ] JR米坂線 | TB(0) | CM(0)

1年前の米坂線

1年前の米坂線は国鉄型定期列車の最後の夏。
事あるごとに米坂線を訪れていた。

東北地方は6月でもまだ苗を植えてそんなに経ってないのでまだ薄緑色の水田が広がる。
国鉄型原色キハは日本の風景に似合う。

IMG_0097.jpg

2008年6月 JR米坂線1130D EOS1DmarkⅡN+EF28-70mmF2.8L

[ 2009/06/21 19:00 ] JR米坂線 | TB(0) | CM(0)

ラストランから1年

言わずと知れたEF5861
昭和28年7月にお召し指定機を受けて国鉄線上に登場して55年、お召し列車や急行荷物列車、イベント列車の先頭に立ってきた。
まだ活躍してくれると信じていたが、ついにXデーがやってきた。

この日、この列車がEF5861の単独自走で最後の記録になった。

IMG_0245.jpg

2008年6月 JR山手貨物線単9810レ EOS1DmarkⅡN+EF300mmF2.8L

1年前の今頃は

実は今年はまだ高崎線朝練に出動していない。
平日でも数十人いるという。
5年前でも朝練はそんなに人がいなかったのに、やはり夜行列車衰退の影響だろうか。

1年前「あけぼの」は青森パーイチと田端パーイチが交代で上京してきた。
田端パーイチでカシガマだった時は大外れ!運試しに近いものがあった。

今で言うEF6437か。

この時はEF8181だった。★ミでよかった。

IMG_0189.jpg

2008年6月 JR高崎線2022レ EOS1DmarkⅡN+EF300mmF2.8L
[ 2009/06/19 20:00 ] JR高崎線 | TB(0) | CM(2)

2度美味しいはずだったけど

木々越しの頭は流しで挑戦しましたが失敗。
これは難しかった。
単に技量がないだけなんだけど広角ということもあり止まったポイントがズレ過ぎでした。

でも雰囲気はいいのでUPしてみました。

それにしても梅雨時で近撮のストックの在庫がなくなりました。
まあ、休んでもいっかぁ。
気が向いたらArchivesでもやろうかな。

_MG_2853.jpg

2009年6月 JR八高線試9220レ EOS1DmarkⅢ+EF16-35mmF2.8L

[ 2009/06/17 20:00 ] JR八高線 | TB(0) | CM(0)

S字

昔の写真っぽくなったかな

_MG_2905.jpg

2009年6月 JR八高線試9221レ EOS1DmarkⅢ+EF70-200mmF2.8L IS+EF1.4X

[ 2009/06/16 20:00 ] JR八高線 | TB(0) | CM(0)

編成撮りもいいけれど

この日は曇り。ガスりも酷く、線路から離れるとダメダメ。

歩きながら線形を思い浮かべて撮影イメージを膨らませる。
ちょっとした林っぽいところがあって、いつか林越しカットをやりたいと思っていた。
だいたいこういう変な画が浮かぶ時はトライ&エラーのエラーパターンになるが今回は・・・?

歩いているとS氏に声をかけられた。久々の再会。
「どうする?」「どこでやるの?」と線路脇の会話に。
ご厚意に甘えて現地まで乗っけてもらう。

現地でしばしウロウロして、イメージに近い感じの画になりそうだ。

定時、山間部にDD51サウンドが近づいてきた。レリーズON!

_MG_2855.jpg

2009年6月 JR八高線試9220レ EOS1DmarkⅢ+EF16-35mmF2.8L

[ 2009/06/15 20:00 ] JR八高線 | TB(0) | CM(4)

タイムスリップ

お馴染みの八高線試客!
一時は運転頻度が高く、沿線の撮影人口が減った時があったが、ここ数年運転日数が減ったためか、他にネタがないのか試客運転日には人が集まる。

このカット昔、銀塩で撮ったような気がする。
えいやっとモノクロにしてみました。

何ということでしょう。30年前に撮影したみたいになったではありませんか!

↑どっかで聞いたことある節

_MG_2876.jpg

2009年6月 JR八高線試9221レ EOS1DmarkⅢ+EF70-200mmF2.8L IS

[ 2009/06/14 19:00 ] JR八高線 | TB(0) | CM(0)

車窓から海

特急型車両が普通列車に使われることは珍しくない。
四国でもキハ185系が使用されていた。

普Dに乗って広い窓から海が眺められるなんて贅沢な時間が過ごせそう。

_MG_2794.jpg

2009年5月 JR予讃線928D EOS1DmarkⅢ+EF70-200mmF2.8L IS
[ 2009/06/13 19:00 ] JR予讃線 | TB(0) | CM(0)