PAGE TOP

定番も

雨が小降りになってきたので走りもちょっとやってみる。
でも所詮、天気悪なのでモチベーション上がらず、単なる記録写真ですな。

ところで沿線の桜の木を切ったバカ鉄がいるとか。
桜が咲いたらこう撮れるとか考えないのだろうか。
目先のことしか考えない短絡的な考えを持つ人間なんだろう。

近年、定年後の団塊世代と思われるにわかオヤジ鉄を撮影地でよく見かけるがこれが厄介。
線間とか今ではヤバそうな立ち位置で構え、注意しても「ハイハイ」とか「しかと」などホンマ、腹立つ。
定番撮影地でもベストな立ち位置がわからないのか変なところに立つ奴も困ったもの。

ルールを守る人が大半でも、こんな奴が一人いるだけでイメージが悪くなる。
マナー云々は鉄に限ったことではなく富士山や風景を撮る世界でもこういう人がいると話を聞いたことがある。
そういう人は一生、空気が読めないんだろうな。

_MG15117.jpg

2013年 3月 しなの鉄道767M EOS1DmarkⅣ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

スポンサーサイト
[ 2013/03/30 19:00 ] しなの鉄道 | TB(0) | CM(2)

昔のワンシーン

こう撮ると碓氷峠が現役時のワンシーンのように見えるかな?

_MG15093.jpg

2013年 3月 しなの鉄道 EOS1DmarkⅣ+EF24-70mmF2.8LⅡ

[ 2013/03/28 19:00 ] しなの鉄道 | TB(0) | CM(0)

チラ見

EF63のサイドをチラ見です。
169系の停止位置がもう少し左ならエアフィルターもフレームに入れられたんですがこればかりは…
残念。
往年の急行時代だったら小諸折返しはあり得ないか。

やっぱ失敗だったかな。

_MG15107.jpg

2013年 3月 しなの鉄道 EOS1DmarkⅣ+EF24-70mmF2.8LⅡ

[ 2013/03/26 19:00 ] しなの鉄道 | TB(0) | CM(0)

雨かよ

この日は昼過ぎまでは上々の天気なはずだった。
朝、東京を出るときはライブカメラで浅間山が出ているのを確認し意気揚揚で出かけたが軽井沢に着くとドン曇り。
またやられたかと。
2734Mは雲の隙間から一瞬晴れ間が出たが、その後は天気が悪化し雨まで降ってきた。

進歩のない天気予報にあきれつつ、、、って言ってもまだWNIの方が精度がいいかも。
しかし、すでに現地にいる立場としてはもうやる気ゼロ。

軽井沢でスナップに変更。
まずはEF63 2号機に15年ぶりの再会。
後ろに国鉄色169系を入れて撮ってみた。

_MG15075.jpg

2013年 3月 しなの鉄道 EOS1DmarkⅣ+EF24-70mmF2.8LⅡ

[ 2013/03/25 19:00 ] しなの鉄道 | TB(0) | CM(0)

これも最後

最後の国鉄色の169系、しなの鉄道で生き延びていたが3/16のダイヤ改正で定期運用としては終焉を迎えた。
横軽時代は碓氷峠に足繁く通った。
169系は碓氷峠になくてはならない存在だった。
軽井沢から篠ノ井まではJRから3セクであるしなの鉄道に移管された。

3セクになってからは行くことがなくなった。
最後の最後でひと目、169系を見たくなって行ってみた。

でもこの日はフル装備ではなかったのでレンズが足りず、中途半端なアングルになってしまった。

_MG15071.jpg

2013年 3月 しなの鉄道2734M EOS1DmarkⅣ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2013/03/24 19:00 ] しなの鉄道 | TB(0) | CM(0)

黒フレーム

トンネル抜きをEF67 0番台で撮ると黒いフレームの中でデッキ側がバッチリ!
光線、被写体といいこれだけでも来た甲斐がありました。

_MG14799.jpg

2012年 2月 JR山陽本線単591レ EOS1DmarkⅣ+EF300mmF2.8L IS

[ 2013/03/22 19:00 ] JR山陽本線 | TB(0) | CM(0)

見事な空コキ

EF67 0番台の先行きが怪しいけどEF67 100番台は今しばらくは活躍が見られるだろう。
山陽本線は日本の動脈であるだけに1200トン級の高速貨物はやはり長い。
連続勾配に喘ぐ貨物列車の本務機の後、EF67がモーターを唸らせて押していく様は圧巻だ。






と書こうと思っていたら画像の貨物は見事なほど空コキだった。
1編成で積載コンテナは3個。

ここまでの空コキは初めて見たかも!?

_MG14784.jpg

2013年 2月 JR山陽本線1076レ EOS1DmarkⅣ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2013/03/20 19:00 ] JR山陽本線 | TB(0) | CM(0)

後世への記録

この迂回列車は復興支援燃料輸送の貨物列車だけあって最初は撮影に行くことに躊躇した。

現場で列車を見たときは無事に燃料が到着することを願いながらシャッターを切ってました。

今となっては震災後、こういうことがあったと後世へ伝えられる記録も大事なことだと思う。


_MG_4992.jpg

2011年 4月 JR磐越西線9293レ EOS1DmarkⅣ+EF70-200mmF2.8L IS

WBC侍J、負けてしましました。
すいません、うちの能見が打たれて…

by虎党

ってか、阿部!あんなの振るなよ!!

まあ、頑張った!次回V奪還だ!!

[ 2013/03/18 19:00 ] JR磐越西線 | TB(0) | CM(4)

奮闘

磐越西線は急勾配で有名な路線。
高度を稼ぐためのカーブも多く、フルタンクのタキ10両はDD51重連でもかなり重いのだろう。

迂回貨物の初日は、レール面凍結でDD51重連でも空転で勾配が登れず、DE10が後補機でプッシュプルになったと朝メールが来ていたのを思い出す。

この勾配区間はSLでも爆煙ポイントだが9294レも遠くから散砂しながら常紋貨物のようにゆっくりと登ってきた。
背景が白くなるくらいの散砂が奮闘ぶりを物語る。

_MG_9293_20130309233358.jpg

2011年 4月 JR磐越西線9294レ EOS1DmarkⅢ+EF300mmF2.8L IS

[ 2013/03/16 19:00 ] JR磐越西線 | TB(0) | CM(2)

返空

震災後、東北自動車道の仮復旧後の通行は、緊急車両と支援物資輸送の車両の通行と制限がかけられた。
東北本線はダメージが大きく復旧に時間がかかる。
磐越西線もダメージはあったが比較的早期の復旧により迂回ルートに選定された。

この迂回燃料輸送貨物の運転に当たり、北は北海道鷲別機関区、南は九州門司機関区からDD51が集められた。
タキ1000もかき集められ、乗務員や他現場作業員手配、ダイヤとJR貨物とJR東日本の早急な対応に胸熱だった。

_MG_4920.jpg

2011年 4月 JR磐越西線9293レ EOS1DmarkⅣ+EF70-200mmF2.8L IS

重要な責務である燃料を無事届けて、戻る空タキのジョイント音は軽やかに聞こえた。

[ 2013/03/14 19:00 ] JR磐越西線 | TB(0) | CM(0)

たくましき鉄路

今の時代は車へモーダルシフト化が進み、地方路線では廃止や列車の本数減など鉄道の役目そのものが先行き不安な時代が来ている。
しかしそんな中、この非常事態に普段貨物輸送のない路線に急遽、燃料輸送が早々に決まったときほど鉄道のたくましさを感じたことはなかった。

_MG_5001.jpg

2011年 4月 JR磐越西線9293レ EOS1DmarkⅣ+EF16-35mmF2.8L

[ 2013/03/12 19:00 ] JR磐越西線 | TB(0) | CM(0)

あれから2年

東日本大震災から2年。
絶え間なくいろいろな情報が流れ、考えさせられる2年だった。

東北ではまだまだ寒い3月下旬。
被災地ではガソリン、OIL不足が深刻化していた。

当時、東日本大震災によって寸断された物流の大動脈でもある東北本線。
東北本線が使えないため、震災から1週間後、神奈川県の根岸のオイル精製所から高崎線・上越線・信越本線・羽越本線・奥羽本線・青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道経由で盛岡の備蓄タンクへの輸送が始まった。
3/25からはもう一つの備蓄タンク拠点の郡山への輸送が始まった。
こちらも根岸からから高崎線・上越線・信越本線経由で一旦、新潟ターミナルへタンクローリー60台分のタキ20両が一日おきに輸送された。
そこから磐越西線経由で郡山まで運ばれるのだが磐越西線は勾配がキツいところがあり、タキ20両を1本の列車で運ぶことができない。
そこで新潟で分割され、10両が郡山まで運行されることになった。
4/1からは磐越西線2列車化により、1日当たりタキ20両分の輸送が可能になった。

_MG_4898.jpg

2011年 4月 JR磐越西線9294レ EOS1DmarkⅣ+EF70-200mmF2.8L IS

[ 2013/03/11 19:00 ] JR磐越西線 | TB(0) | CM(0)

なんかイマイチ

4年半ぶりの山陽本線。
本線なのにカテゴリー山陽本線のエントリー数が(2)のまんまでした。

今年のチョイ遅れの新年撮影会で行った先はセノハチ。
天気は晴れ間もあるけどほぼ曇り。

冬枯れは仕方ないので芽吹く頃にチャンスがあれば再訪したいです。
小さいけどEF67の0番台が撮れたのはラッキーでした。

_MG14767.jpg

2013年 2月 JR山陽本線1056レ EOS1DmarkⅣ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2013/03/10 19:00 ] JR山陽本線 | TB(0) | CM(2)

波しぶき

荒波の日本海。
波しぶきがヘッドライトに照らされる。
カーブから正面に向くまでこの角度がいい感じに照らされました。

_MG14609.jpg

2013年 2月 JR信越本線3375M EOS1DmarkⅣ+EF50mmF1.4

ISO12800を初めて使った。
荒れる以前にこのEF50mmF1.4のダメぶりに改めて驚かされた。
ホントにCanonはレンズの作り直しが急務だな。

[ 2013/03/08 19:00 ] JR信越本線 | TB(0) | CM(0)

この日は朝から土砂降りならぬ土砂雪で風も強かった。
風雪で顔が痛い。
山間部へ逃げて風は収まったが雪が半端ない。
そんな感じを表現したく降り積もった雪を広くとってみた。

_MG14699.jpg

2013年 2月 JR信越本線1054M EOS1DmarkⅣ+EF24-70mmF2.8LⅡ

[ 2013/03/06 19:00 ] JR信越本線 | TB(0) | CM(0)

荒波が狙い

2011年にここでバルブを撮ったものの海が凪いでいたので波が荒れた頃にリベンジを狙っていた。
今度は岩場の周りに白波のグラデーションができていたので、まあこんなもんかな。

_MG14668.jpg

2013年 2月 JR信越本線1353M EOS1DmarkⅣ+EF50mmF1.4

[ 2013/03/04 19:00 ] JR信越本線 | TB(0) | CM(0)