PAGE TOP

ただの霧?温泉の湯気?

夏の只見川と言っても緑の川ではない。
連日の雨でコーヒー牛乳のような只見川の日が続いている。
そんながっかりな川に川霧がかかるとテンションUP。
でも川面で漂う理想的な感じではないのでテンションDOWN。

_MG_2445.jpg

2017年 8月 JR只見線422D EOS1DXmarkⅡ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

スポンサーサイト
[ 2017/08/31 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

夏の只見川

川霧を狙ったことがある人ならわかると思いますが、川霧は10秒、20秒程の時間で姿が大きく変わる。
当初、川から霧が上がり始める。
カメラを出して準備をするがシャッター切る頃には列車を隠すぐらいに川霧が成長。
車両が見えないじゃん。ってことはよくある話。

_MG_2431.jpg

2017年 8月 JR只見線422D EOS1DXmarkⅡ+EF100-400mmF4.5-5.6L ISⅡ

[ 2017/08/29 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

夜明け

前日夜に雨が降っているのをレーダーで確認し、朝には川霧を期待しながら現地へ向かう。
白々と山奥から明るくなる頃、山ではほんのり霧が上がってくる。
もうしばらくすると川からも川霧が上がってくるはずだ。

_MG_2429.jpg

2017年 8月 JR只見線422D EOS1DXmarkⅡ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2017/08/27 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

せせらぎの街2

光線が回るのを待って、もう1発。
頭撮りでは芸がないので最後尾でUP。

_MG_2404.jpg

2017年 8月 伊豆箱根鉄道駿豆線8079M EOS1DXmarkⅡ+EF24-70mmF2.8LⅡ

[ 2017/08/25 19:00 ] 伊豆箱根鉄道駿豆線 | TB(0) | CM(0)

ちょいと遊んでみました。
逆光で葉が太陽光に透けるところを緑の斜めラインとかぶせてみました。
したら緑ばっかりの画になってしまいました。

_MG_2423.jpg

2017年 8月 伊豆箱根鉄道駿豆線4026M EOS1DXmarkⅡ+EF24-70mmF2.8LⅡ

[ 2017/08/23 19:00 ] 伊豆箱根鉄道駿豆線 | TB(0) | CM(0)

せせらぎの街

せせらぎの街だけあって川沿いに遊歩道があります。
しかし、このガーター橋の下は遊歩道がありません。
どうやら川に足を突っ込んでくぐります。
サンダル持ってくりゃよかったぁ。

_MG_2384_201708072208088cd.jpg

2017年 8月 伊豆箱根鉄道駿豆線4025M EOS1DXmarkⅡ+EF24-70mmF2.8LⅡ

[ 2017/08/21 19:00 ] 伊豆箱根鉄道駿豆線 | TB(0) | CM(0)

雪とDD51カシオペアラストカット

この時点で、団臨カシオペアの噂は聞いていた。
検の残っているDD51が先頭に立つんじゃないかと楽観的に考えていた。
このカットがDD51カシオペアのラストカットになるとは。

この立ち位置は、冬型気圧配置で言えば天気の境目。
静狩峠側にレンズを向けると降雪で真っ白な世界だが南側に向けると太陽が出て陽が射す光景が幾度と見られた。
JR上越線の沼田、後閑、上牧辺りより、顕著に体感できるポイントではないだろうか。

_MG33509.jpg

2016年 3月 JR室蘭本線8009レ EOS1DmarkⅣ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2017/08/19 22:28 ] JR室蘭本線 | TB(0) | CM(0)

夜の帳

以前はもっと奥に撮影地がありましたが、福島・新潟集中豪雨で道が寸断されて仕方なく手前で最終列車を撮ることにした。
ここでも会津らしい赤や青の屋根の家が並ぶ様が見ることができる。
昔は大内宿のような茅葺き屋根が並んでたんでしょう。
まだ薄明残る時間、上り最終列車がゆっくりと横切っていきます。

_MG_2291.jpg

2017年 7月 JR只見線434D EOS1DXmarkⅡ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2017/08/17 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

一面の緑

今年は夏がないですね。@東京での話ですが。
東京というか東日本全域ですかね。
思い起こせば、梅雨明けしてから約1ヶ月ほとんど曇り、雨。
晴れても平日の日中帯のみで夕方が決まってドン曇りまたは雨。
週末では8/6に晴れたくらいか。
梅雨中の長期予報では日照、気温ともに平年並みか高いだったのに。
直近でも当たらないのに長期予報が当たるわけないか。

こんだけの異常な気象状況でお天気業界は、なぜ何も情報を発信しないだろう。
それとも、日照不足で実際に野菜が高くならないと情報をださないのか。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
JR只見線は、言わずと知れた只見川と緑に囲まれた絶景路線。
一面の緑に囲まれた画も悪くない。

_MG36901.jpg

2017年 7月 JR只見線428D EOS1DmarkⅣ+EF300mmF2.8L IS+EF1.4XⅢ

[ 2017/08/15 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

富士山からの贈り物

富士山麓からの清流が街に潤いを与える。
前日の天気予報が外れた束の間の晴れ。
暑い日、川に足を冷やす風景も風情ですね。

昭和っぽくモノクロ変換しました。
185系の時代にモノクロは冴えないか。

_MG_2369.jpg

2017年 8月 伊豆箱根鉄道駿豆線8072M EOS1DXmarkⅡ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2017/08/13 19:00 ] 伊豆箱根鉄道駿豆線 | TB(0) | CM(0)

かき氷代わりに

台風5号が過ぎて、少し蒸し蒸しする日が続くようになりました。
なのでかき氷代わりに涼しげな画像をUP。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
DD51カシオペア最後のシーズン。
カシオペアのついでのDF200貨物。
引きで雪原を入れて撮ってみました。

_MG33511.jpg

2016年 3月 JR室蘭本線2051レ EOS1DmarkⅣ+EF24-70mmF2.8LⅡ

[ 2017/08/11 19:00 ] JR室蘭本線 | TB(0) | CM(0)

また天気予報に騙された

422Dのあと、太陽が出てきた。
当然、川霧なんて出るわけがない。
曇り時々雨予報はどうなってんだ?

終日、雨は降らず、雲は多いが晴れが続く。
予想最高気温は23,24℃のはずが30℃越え。
晴れて湿気が抜け、川霧とはほど遠い気象条件。

こんだけ嘘ついて的中率85%とうたっている神経がわからない。
まあ、予報側に当たりやすいカラクリがあるわけで。
予報エリアが10カ所あるとして8カ所当たってたら80%的中となる。
また、80%の雲量でも晴れになるのもその一つだろう。

雲も多く、気温が高く、無駄に暑い。
天気予報に騙された自分が悪いのだが、また、無駄金使ってしまった。

_MG_2276.jpg

2017年 7月 JR只見線427D EOS1DXmarkⅡ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

[ 2017/08/09 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

川霧

夏場の只見線と言えば、川霧。
しかし、朝は川霧が発生しやすいが以降は気象条件で出たり出なかったり。
前日の天気予報からは時間予報で傘が並び、川霧が出る可能性ありで出動した。

4橋到着時は、川霧が出ていたが時間が経つと雲が切れ晴れ間が出てきた。
当然、川霧がすぅ~っと消えていく。

2橋へ向かうとここはまだ川霧が残っていた。

_MG_2233.jpg

2017年 7月 JR只見線422D EOS1DXmarkⅡ+EF70-200mmF2.8LⅡ

[ 2017/08/07 19:00 ] JR只見線 | TB(0) | CM(0)

また来てしまった

毎年、異常気象の頻度が高くなっている。
台風5号、こいつは発生からかれこれ2週間、湿った空気を日本に運んで、ずぅ~っと曇りの日が続いている。
平年なら梅雨明け後10日ほど晴れが続き8月は白い空で無駄に暑い日が続くが今年は晴れない、気温が低い、テツ泣かせの夏になっている。
最もこの平年っていうのも異常気象の10年なので日本古来からの平年とは変わっているんだろうが。
お盆頃に太平洋高気圧が強くならなければ、秋入口には日照不足、冷夏、野菜が高くなるみたいなニュースがTVから流れてくるかもしれない。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
午後は、ここも撮影地の一つ。
以前も撮ったけど今度は縦アン。
水の透明度が夏の清流を醸し出す。

_MG_2206.jpg

2017年 7月 伊豆急行線3035M EOS1DXmarkⅡ+EF24-70mmF2.8LⅡ

[ 2017/08/05 19:00 ] 伊豆急行線 | TB(0) | CM(0)

逆光

C57、D51、DD51と新型旧型客車35系4000番台の試客やSL重連やら話題が多いJR山口線だが、長門峡で標識の切断や抜かれたりしたらしい。
どうせバカ鉄の仕業だろうが、一部のこんなバカな奴のせいでテツに対する世間の目がさらに冷たくなると思うと非常に腹立たしい。
テツ以前に人としてどうかしてる。消えて欲しいわぁ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
さて続きです。
完全逆光ではあるけど海の感じと背後の崖のシャドー感は悪くない。
4つライトが185系であることを示してくれる。
ホントは185系前面部に斜めの架線柱指示ケーブルがかかっているので列車の大きさをほどほどにしてみました。

_MG_2193.jpg

2017年 7月 伊豆急行線3028M EOS1DXmarkⅡ+EF300mmF2.8L iS+EF1.4XⅢ

[ 2017/08/03 19:00 ] 伊豆急行線 | TB(0) | CM(0)

これぞ、伊豆の青い海

海の条件は、申し分ない。
しかしながらケーブルだらけの伊豆急行、面を斜めにケーブルを横切るのが残念です。
まあ、角度的に仕方ないんですが。
HMにかからないだけまだよかったか。

_MG_2187.jpg

2017年 7月 伊豆急行線3027M EOS1DXmarkⅡ+EF24-70mmF2.8LⅡ

[ 2017/08/01 19:00 ] 伊豆急行線 | TB(0) | CM(0)