PAGE TOP

水たまり

ローアングルでフレーミングを決めるのは体が硬い身にはつらい。

_MG_7476.jpg

2011年10月 JR山陰本線 EOS1DmarkⅣ+EF16-35mmF2.8LⅡ

スポンサーサイト
[ 2011/11/09 19:00 ] JR山陰本線 | TB(0) | CM(4)

趣いっぱい

こんばんは。

とても雰囲気のある駅舎ですね。
気の温もりがとても伝わってきます。
出来れば照明は電球にしてほしいですね。

年々体が固くなってきているので、十分なストレッチを・・(笑)
[ 2011/11/10 22:36 ] [ 編集 ]

そうなんですよねぇ。

SAMさん

こんばんは!
この駅舎は実にホッとする駅でした。
JR九州にもJR西日本にも木造駅舎がまだ結構残ってます。
夜の駅舎は白熱灯がより暖かい感じがしますね。

超ローアングルは結構つらいものがあります(笑)
これからはローアングル撮影の前には準備運動してからでしょうか(笑)
[ 2011/11/10 23:50 ] [ 編集 ]

わかります

こんばんは。この水溜りがいいですねえ。これの有るなしでは作品の出来栄えも大違いですね。というより、きっとこの水溜りがなければ、撮影されていないことだと思います。体に悲鳴を上げさせてまでは
(笑)
こういうアングルは当方も同様に腰や背中に大きな負担がかかってしまいます。バリアングルモニターがあれば便利だと思うのですが、といっていつもいつもこういう写真を撮るわけでもなし。一重に自ら努力ですね。
[ 2011/11/15 23:51 ] [ 編集 ]

柔軟運動が必要?

まむしさま

こんばんは!
水たまりは雨の日ならではのスナップ被写体です。
お察しの通り、水たまりがなければ体をひねりながらまでは撮りません(笑)
地面が雨で濡れていたので膝をつかなかったのがしんどかった要因です。
ってか体が柔らかければこんな苦労しないんですけどね。
[ 2011/11/16 00:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hepp.blog59.fc2.com/tb.php/1053-55f857c6