PAGE TOP

奮闘

磐越西線は急勾配で有名な路線。
高度を稼ぐためのカーブも多く、フルタンクのタキ10両はDD51重連でもかなり重いのだろう。

迂回貨物の初日は、レール面凍結でDD51重連でも空転で勾配が登れず、DE10が後補機でプッシュプルになったと朝メールが来ていたのを思い出す。

この勾配区間はSLでも爆煙ポイントだが9294レも遠くから散砂しながら常紋貨物のようにゆっくりと登ってきた。
背景が白くなるくらいの散砂が奮闘ぶりを物語る。

_MG_9293_20130309233358.jpg

2011年 4月 JR磐越西線9294レ EOS1DmarkⅢ+EF300mmF2.8L IS

スポンサーサイト
[ 2013/03/16 19:00 ] JR磐越西線 | TB(0) | CM(2)

奮闘

すごい迫力ですね。
石油を被災地に運ばなければ、という気迫のようなものが感じられます。
DD51に意思があるわけではないけれど、そのように思えるのが、機関車というものですね。

常磐線の一部区間や石巻線の一部も運転できるようになったようで、よかったです。
[ 2013/03/16 22:58 ] [ 編集 ]

爆煙ならぬ爆砂

愛知、吹田、門司、のちに鷲別もですが、かき集められた機関車たちゆえ、乗務員も各機番の"クセ"がわからないだけに"ヤバい"って時に散砂で"ダァ~"だったのかもしれませんね。

DD51のみならず乗務員の気迫も感じます。

震災以降、復旧区間が広がっていって欲しいですね。
[ 2013/03/17 12:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hepp.blog59.fc2.com/tb.php/1400-bf4595cb