PAGE TOP

4度目の正直

185系A編成は7運用で1週間周期とピッタリなので土曜日なら翌土曜日も運用抜けがなければ同じ運用になることが多い。
ちょくちょく3025Mまたは3027MでA8を狙っていた。

ある土曜日、バリ晴れで3027Mを待っているとA8は3027M前で抜けてしまい撃沈。
しばし間を取って、土曜日3025Mの周期に入った。
金曜日夕発表の土曜の予報は晴れ!
リベンジを狙うべく、現地へ向かうとドン曇り。また予報外れにやられた。
そして1週間後、同じく晴れ予報。
現地へ行くとまたもや雲が広がって結果的に予報に騙された。

また、しばらく期間を空けてA8が3025Mまたは3027Mに入るタイミングを伺う。

3月になってチャンス到来。
もう天気予報には頼らず事前の目安は天気図、後はひたすら気象衛星画像をチャックしてようやく晴れた。

海を入れるところはやはり晴れじゃないとね。
しかし、たかだかハヤネブの地でこんだけ苦労するとは…

_MG15143.jpg

2013年 3月 JR東海道本線3027M EOS1DmarkⅣ+EF24-70mmF2.8LⅡ PL-Filter

ってか信頼できる天気予報なら苦労しないんだけどあまりにも精度がひど過ぎる。
関東平野でこの程度の予報精度だから地方なんてもっと当たらないのも当然か。
天気屋はこういう状態をどう思ってるのか?

スポンサーサイト
[ 2013/04/16 19:00 ] JR東海道本線 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hepp.blog59.fc2.com/tb.php/1412-35dc25f4