PAGE TOP

時刻は確かめるべし

九州485系「にちりん」のラストカット。
山影が線路に忍び寄ってくる。
もう来る時間。影は線路まで行かないだろうと安心しながらも、近くの踏切はなかなか鳴らずヤキモキ。
影は伸びていく。
またハラハラドキドキの時間を過ごす。

数分してようやく踏切が鳴り出した。

なんとかかんとか影がかからずシャッターを落とせた。

ふと時間を見ると今度はエアーの時間がカツいんじゃん?と追っかけじゃなくてもチキチキマシーンの幕開け。
去年も帰京する際のエアーはNH200だった。
今夏も帰りはNH200。

途中、ロマンスカーさまが寄り道するために鉄路で帰京するためどっかの駅で突放、☆さまが別撮影地から合流していざOITへ。

走っているうちに段々、事の深刻さが増してきた。時間がない!
レンタカー屋に空港ゲートで返却のお願いしてギリというか1分の猶予なく保安検査場へ間に合った。

計画の時点で時間を確認したつもりだった。
でも実際は便は同じでも時刻が早まっていたのが後から判明。

夕方からハラハラの連続だった。
用途は違っても「ご利用は計画的に!」はCMだけではなく、撮影計画でも同じ事が言える。
これ教訓でした。

_MG18339_1.jpg

2013年 8月 JR日豊本線9051M EOS1DmarkⅣ+EF70-200mmF2.8L ISⅡ

スポンサーサイト
[ 2013/09/24 19:00 ] JR日豊本線 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hepp.blog59.fc2.com/tb.php/1502-fbcf832e