PAGE TOP

嗚呼、青函連絡船

青函トンネルが開通前の青函連絡船時代、実は北海道に行ったことがなく当然、青函連絡船も撮影したことがない。

函館で保存され、ライトアップされている様は活躍期を知らないけど何かそそられるものある。
22年経過して今頃かって言われそう。。。

でもこの角度、「JNR]が一部しか見えず、微妙ですなぁ。

_MG_8124.jpg

2010年 6月 北海道函館市 EOS1DmarkⅢ+EF300mmF2.8L IS

スポンサーサイト
[ 2010/07/08 19:00 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

あぁ、連絡船

へっぽこさま、こんにちは。

この写真の右上に光る新しい五稜郭タワー、初めて見ましたヮ。
ここでも、何処ぞの俯瞰同様ホテルルート某が画面に入るのですね(笑)

連絡船末期にはみょうに燃えまして、最終月は終航日も含め2回も訪れる始末。
(最終年なのでフランネルマークはJRでしたけど・・・)
葬式テツならぬ葬式フネ(?)でした。
復活運行時も同様で、おかげで赤DD北斗星も痛恨の撮り逃しです。

この摩周丸、現在は地元のNPO法人の手に管理が委ねられ、きめ細かく管理されています。
よって、保存されている青函連絡船の中でも状態が良いのではないでしょうか。
この法人にかつて某ジャーナルなどで活躍されたカメラマンのS女史がおいでになります。
[ 2010/07/09 09:46 ] [ 編集 ]

おお、連絡船

ロマンスカーさま

こん○○は!
ここでも某ルート院ホテルが燦然と輝いています(笑)
ロマンスカー様は撮り鉄、撮りバス、撮り船と本当に何でもやりますね。
今となれば連絡船も1回は乗ってみたかった気がします。
原色DD北斗星はネガならあるかも?まあ、見るに堪えない写真だと思いますが。

この摩周丸はいまや函館のシンボルですね。
函館風景の一つになってます。
[ 2010/07/10 00:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hepp.blog59.fc2.com/tb.php/610-e0df9909